今看護師として病棟で働いてる人の中には、歯科への転職を考えてる人もいるでしょう。

また、まだ高校生・専門性・大学生の人達の中にも、金銭的な理由や将来への不安などから、看護師と歯科衛生士のどちらが良いか迷ってる人も多いみたいです。

そこで、今回はそんな看護師と歯科衛生士について様々な面からまとめてみました。

通常

看護師の資格だけで歯科で働くことはできるの?

眼鏡

できるよー。ただし、色々な違いがあるからしっかり知識を仕入れておこうね!

看護師と歯科衛生士の給料などの違いまとめ

看護師と歯科衛生士の様々な違い

看護師と歯科衛生士の様々な違い
まずは最初に
基本的な違いを
把握しよう!

平均月給 平均年収 勤務先の例
※あくまでも例です
業務内容
看護師 35万 470万 ・総合病院
・大学病院
・診療所
・麻酔注射
・点滴
・採血
・外科手術の補助
歯科衛生士 25万 310万 ・歯科医院
・病院歯科
・専門性の高い口腔ケア
・歯科予防処置
・歯科診療の補助
・歯科保健指導

歯科衛生士は、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図る(歯科衛生士法第1条)ことを目的として、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする国家資格の専門職です。

出典:歯科衛生士とは | 日本歯科衛生士会

歯科で働く看護師とは?

歯科で働く看護師とは?
看護師が
歯科で働くって
普通とは何が
異なるのかな?

仕事内容

歯科で働く看護師には下記のような仕事があります。

  • 手術のアシスト
  • 点滴
  • 注射
  • 血圧測定

小規模な歯科クリニックなどで勤務する場合

看護師として個人の診療所やクリニックで働くのは、割と時間の融通がきくことや、診療時間内で定時で帰ることができるので人気があります。

しかも当直がないので、看護師の仕事で一番の悩みである「不規則な生活」からは解放されます。

天使

ちゃんと夜寝る生活に戻れるのは嬉しいね

小規模な歯科クリニックなら、アットホームな雰囲気のなか、自分の接客スキルや歯科技術を磨くことができます。

しかし、いままで歯科医院に勤めたことが無い人なら、最初は新しい環境に馴染むのがなかなか大変かもしれません。

でも、歯科衛生士の免許も持ってる人(ダブルライセンス※詳しくは後述)は、現場で働くうちに歯科助手的なスキルが身についてきますから、将来の経験としてもいいでしょう。

また、歯科医院では看護師の資格をもっている人が少ないため、その点、知識や経験などで医師から頼りにされる場面も多々出てきます。

口腔外科での勤務

メイド

口腔外科ってどんな仕事?

口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。

この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。

出典:口腔外科(こうくうげか)とは?|口腔外科相談室|日本口腔外科学会

口腔外科がある歯科医院では手術も頻繁にあるので、麻酔や患者さんへのケアなど看護師らしい仕事も入ってきます。

その点ではいままでの経験が活かせて、新しい経験も得ることができるので、看護師としてのスキルアップにもつながります。

ただし、大きな病院の口腔外科では夜勤ありの場合もありますので、その点は転職する際などにしっかり確認しておきましょう。

ダブルライセンス

ダブルライセンス
ダブルライセンス
なんか必殺技の
名前みたいだな

看護師と歯科衛生士は、両方の資格を所有することで仕事の効率が良いアップするということもあり、ダブルライセンスを持っていると重宝されやすくなります。

「ダブルライセンス」とは「2つの資格を取得していること」を指し、また、特に「ある業務を行うために役に立つ2種類の資格を取得しており、この、2つのライセンス取得(=スキルの保有)による相乗効果が期待できる」状態を指して、「ダブルライセンス」と呼ぶことがあります。

出典:「ダブルライセンス」であなたの市場価値を高めよう

これから看護師として多角的に活躍したいとか、歯科医院、口腔外科(こうくうげか)医院で働きたいのならば、

  • 看護師
  • 歯科衛生士

というダブルライセンス者になることを検討しても良いかもしれません。

看護師の仕事は常に人手不足状態といっても、人気のある病院やクリニックは募集をかけるとすぐに人員が埋まってしまう状態です。

ましてや、入院設備のない歯科医院は、

  • 家庭や私生活を充実したい
  • 当直はしたくない

といった看護師さんにとっては、かなり恵まれた職場になり得るでしょう。

だからこそ、ダブルライセンスを所有することにより、そんな人気の職場への就職において有利になれます。

看護師資格のみで歯科の仕事をする場合

看護師免許だけでは、口腔外科(こうくうげか)での助手などは勤めることができるものの、普段の仕事では歯科医の助手や補佐的な仕事をすることになり、看護師さんとしてはものたりないかもしれません。

しかし、歯科衛生士の資格も持っていれば鬼に金棒で、一般歯科でも口腔外科でも審美歯科でもなんでもこなすことができます。

おこ悪魔

ぐおぉぉぉ!何でもできるウーマンだ!

看護師も自分の専門分野を生かすことで、より様々な場所での就業チャンスがでてくるものです。今は医療関係の仕事をしている人のダブルライセンスは珍しくありません。

ただし、これは別に必須ではないので、余裕があったら後から取得するくらいの気持ちでもよいと思います。

給料

歯科医院で働く場合の給料
みんな大好き
お金の話だぜ!
しっかりした給料
もらえるのかな?

看護師全体の平均給与は35万円、平均年収は450~500万円に対して、歯科衛生士の場合平均給料25万円、平均年収310万と比較的少ない傾向になっています。

歯科医院はいまはコンビニよりも多いと言われており、場所以外に個性的なサービスを提供していかないとなかなか生き残ることは難しくなっています。

比較的自由診療を中心に行っている審美歯科は身入りが比較的多いとはいっても、歯科医院の実態調査では、歯科医であっても5人に1人の割合で300万円以下の年収であるというシビアな現実があります。

看護師の年収の真相を全て暴露!

そんな中で、人気の歯科医院、口腔外科医院と、そうではない個人歯科医院では大きく給料なども変わってくるでしょう。

大きな大学病院の歯科なら職自体は安定しますが、でも給料はそれに比例するとも言えません。

ダブルライセンスの立場を活かして歯科医院に転職する時には、看護師のみの資格保持者よりは優遇されますが、それでもやはり通常の病院勤務よりも多少給料が下がることは覚悟しなければなりません。

歯科医院勤務は通常の病院勤務よりプレッシャーが減る

歯科医院勤務は通常の病院勤務よりプレッシャーが減る
ストレス!
命を預かることへの
プレッシャー!
メンタルつらい…
でも歯科勤務は?

歯科医院で行うような仕事は、通常の病棟勤務の看護師の仕事と比べると、普段から命を預かる現場で仕事をするプレッシャーからは解放されるかもしれません。

歯科医院ですから、休みもきちんと取れますし、当直がないのが一番のメリットでしょうか。また、看護師にしかできないこともありますので、やりがいもあるでしょう。

メイド

給料もだけどやりがいとか自己実現も大事だよね!

歯科医院で働くというのは看護師にとっては盲点かもしれませんが、働き出すと、意外に働きやすいことに気づく人が多いです。

一度経験までに働いてみるのも悪くはありません。歯科助手の資格をも持っているのならばなおさらです。

デメリット

看護師が歯科の仕事をするデメリット
どんなことにも
デメリットは
あるよねぇ・・・

歯科衛生士として歯科医院で働くことや、あるいは、歯科助手や看護師の資格を活かして歯科で働く際、その資格に見合ったお給料が支払われるかというと、病棟勤務に比べると夜勤手当が無い分だけ少なくなってしまいます。

もちろん審美歯科や口腔外科など、かなり幅広くやっていて、人気のある歯科医院なら比較的待遇もお給料もいいですが、それでも夜勤に月に何回も入っていた人で考えると、身入りは多少悪くなるかもしれません。

給料だけが盲点じゃない?日勤のみの看護師で働く5つのデメリット

ただし、その分定時で仕事が終わったり、仕事によって不規則な生活習慣をしなくて済むという最大のメリットもあります。

体力的、または家庭の事情で定時で帰れる仕事がしたいという看護師さんには歯科医院はおすすめできます。

デメリットをカバーするには?

もし、歯科医院で働くことの大きなデメリットをカバーしたいのであれば、じっくりと給与が高い職場を探すのが良いでしょう。

ただ、条件の良い職場は競争が激しく、看護師専門の人材紹介会社などでも非公開求人としてもすぐに決まってしまう状態です。

なので、できれば複数の看護師転職サイトに登録して、エージェントに要望を伝えておくのが確実です。

3つのメリット

看護師が歯科の仕事をする3つのメリット
給料が下がっても
それを超えるだけの
メリットがある!

1.私生活に差支えがない時間勤務

歯科医院で働く看護師さんのメリットは、何よりも時間ですね。

個人が運営してる歯科医院などは時間が決まっていて当直はないので、その分、私生活への影響は少ないです。

2.必要とされるので承認欲求が満たされる

また、歯科助手に比べて医師からの信用が大きく、口腔外科など手術を扱う歯科医院で、なにかトラブルや緊急事態が起こった時には真っ先に看護師さんが呼ばれます。

これは看護師冥利に尽きるのではないでしょうか。

通常

自分が特別に必要とされるのは嬉しいよね!

看護師の知識やスキルを活かして活躍でき、また病院で勤務していたときと同じように、患者さんにも頼りにされるので、歯科医、また患者さんからの信頼は抜群です。

その分、歯科助手と歯科衛生士の方とうまくやっていくようにヒューマンスキルも問われます。看護師資格を持ってるからと言って偉そうにせず、謙虚な姿勢を持った方がよいでしょう。

3.スキルアップもしやすい

病棟とは仕事内容が異なるので、新しい職場に慣れるまでは大変かもしれませんが、看護師「のみ」ができる仕事の幅も多くなるため、経験やスキルアップを積みやすくなります。

患者さんとの触れ合いも、時間に追われずに楽しむことができます。

まとめ

では、看護師と歯科衛生士の違いについてまとめます!

  1. 歯科で働く歯科衛生士より看護師の方が給料が高い
  2. 看護師は看護師にしかできない仕事があるから重宝される
  3. 看護師と歯科衛生士のダブルライセンス所有者はより重宝される
  4. 夜勤がないところに就職すると給料は一般より下がる
  5. 私生活は充実させやすい
  6. 病棟勤務に比べると、命を預かるプレッシャーがない

歯科の求人でオススメできる看護師転職サイトは?

では、歯科で働いてみたい看護師さんは、どのようにして転職をすればよいのか?

看護師に特化した転職サイトはたくさんありますが、私が調査したところによると、歯科の転職に一番優れているのは「看護のお仕事」です。

看護のお仕事の歯科求人キャプチャ

ただ、この記事でも書いているように、歯科の仕事は人気がありますので、転職・就職を考えているのであれば早めに登録して要望を入力しておくと良いでしょう。

「看護のお仕事」の公式サイトへ

看護師ライフの快適さを上げるための知識を増やそう

看護師としての自分に合った働き方を探すために
もっと貴方に合う
職場があるかも!
知らないだけで
損してる可能性も…
探す手助けを
させていただきます

雇用形態の特徴を学ぶ
勤務時間のメリットやデメリットを知る
復職方法や応募資格を考える
福利厚生で得をする
病棟以外で働く

現在の職場環境や給料に満足していますか?

看護師は転職することで8割の人が年収が上がると言われています。
実際、私自身が転職して年収132万円アップに成功しました!
大変な仕事のモチベを維持するためにも納得できる給料をもらいましょう!

看護師の転職サイトへ
看護師転職サイトの選び方 オススメの看護師転職サイト人気ランキング