消化器外科は悪性腫瘍の患者が多く、向き合っていくには看護師も覚悟を決めなければなりません。

しかし、最先端の医療を身に付けることができたり、患者やその家族とのコミュニケーションも多く、看護師が活躍できる場面が多いため、非常にやりがいのある仕事とも言えます。

では、そんな消化器外科について、仕事内容から給料、メリットやデメリットまで見ていきましょう。

看護師が消化器外科に転職

消化器外科の特徴と全体の概要

消化器外科の特徴
まずは消化器外科の
概要や特徴を
簡単に知ろう!
最初に全体像を
知るのが大事!

消化器外科は、消化器全般に発生した良性疾患、悪性腫瘍の診断および外科的にそれを治療する診療科です。

消化器は

  • 食道
  • 胃・十二指腸
  • 小腸・大腸
  • 肛門
  • 肝臓
  • 脾臓
  • 胆道
  • 膵臓

という領域に分けられます。

一般的には「外科」と標榜している病院が多いのですが、最近では「消化器外科」と表示する病院も多く見られます。

また、より細分化し

  1. 「食道胃外科」
  2. 「胃腸外科」
  3. 「肝胆膵外科」

と表示している病院もあります。

緊急手術が必要となる腹部の救急疾患(急性胆嚢炎、急性虫垂炎、腸閉塞、消化管穿孔など)や消化器の悪性腫瘍などを主に扱います。

消化器外科で扱う主な疾患は以下の通りです。

消化器がん 食道がん、胃がん、結腸がん、直腸がん、肝臓がん、胆嚢がん、胆管がん、膵臓がん
腹部救急疾患、炎症性疾患 虫垂炎、胃十二指腸潰瘍穿孔、腹膜炎、胆嚢炎、急性膵炎、食道胃静脈瘤、腸閉塞、潰瘍性大腸炎
その他の疾患 ヘルニア、胆石、痔

その他に

  • 腹腔鏡、内視鏡による手術
  • 肝臓、膵臓移植

などがあります。

消化器外科では、食道から肛門まで内臓の大部分を占めている消化器を扱う為、診療領域はとても幅広くなります。

また、悪性腫瘍のケースがとても多いです。
悪性腫瘍全体を見ても消化器のがんが過半数を占めています。

よって術後は、化学療法や放射線療法などの後療法が行われることも多く、また緩和ケアにつなげていくケースもあります。

化学療法は、再入院して行われたり、外来でも行われます。

この様に消化器外科では、悪性腫瘍が多い為、それに伴う化学療法に対する知識や緩和ケアについても熟知する必要があります。

また、発病により生活が大きく変わってしまうであろう家族に対するケアもとても重要になります。

仕事内容・役割

消化器外科で働く看護師の仕事内容
消化器外科の看護師は
どんなことするのか
難しいのかなぁ…

外来

問診

問診では、

  • 発症までの経過
  • 症状や既往歴
  • 消化器系に大きく関わる食生活や嗜好品

などについても聴取します。

診察介助

初診時は、医師が正確な情報を得られる様、患者さんの訴えを上手く引き出せる様、きめ細かく援助します。

「何の病気なのか?」「がんではないのか?」と不安に思っている患者さんが多い為、精神面でのフォローも大切です。

また、診断や経過を見る為、様々な検査が行われます。
患者さんが不安なくスムーズに検査が受けられる様、説明や誘導していきます。

医師による疾患や手術の説明が行われる場合は、

  • 患者さんが理解しているか
  • 納得しているか
  • 不安はないか
  • 疑問や質問はないか

など、患者さんの様子を観察し十分な説明が受けられる様、環境作りをしていきます。

人工肛門管理

  • 手術で人口肛門を造設した患者さんへの定期的なフォロー
  • これから造設される患者さんへの人口肛門ケアについての説明や指導

なども行われます。

日常での皮膚ケア、装具、食事についてなどは看護師が指導することが多いので、人工肛門に対する知識とスキルも必要です。

化学療法時のケア

外来では、手術後退院し、通院で化学療法を行う患者さん受診します。

看護師の役割としては、

  • 化学療法を行う際のオリエンテーション
  • 抗がん剤の準備
  • 投与中の副作用のモニタリングとその対応
  • 医師や薬剤師との連携

等があります。

緊急手術の準備

緊急手術が行われる場合もありますので、検査室や手術室のとの連携をとり、迅速かつスムーズに手術に入れるように進めていくのも看護師の役割となります。

検査介助

消化器外科において行われる検査は、次のようなものがあります。

  • 上部消化管(胃・十二指腸)内視鏡
  • 下部消化管(大腸)内視鏡
  • 胃透視
  • 大腸透視
  • 腹部超音波検査(エコー)
  • 腹部CT

などです。どれも食止めや検査前処置が必要な為、事前に詳しく説明していきます。

不安感などは医師ではなく看護師に言いやすい為、不安の軽減につながる様な精神的ケアもとても大切です。

検査中は患者さんが緊張しない様、適時声掛けし、また状態観察を常に行い異常の早期発見に努めます。

病棟

術前のオリエンテーション

消化器外科では、手術を目的として入院することが殆どとも言えます。

医師からも病気や手術に関しては説明がされますが、実際の手術までの流れや術後の様子などは看護師から説明する必要があります。

パンフレットなどを使い、

  • 必要物品の説明
  • 食止め
  • 使用する薬や処置

など手術前に行うことについて細かく説明します。

また、術後の経過や創の痛み、食事や安静について等も説明し、術後がイメージできる様にします。どの様な手術であれ、麻酔を受け術後創ができます。

手術を受けることに対する不安は誰しもが持ちうるものです。

それらの不安を少しでも軽減し、落ち着いて手術に臨める様にする為、術前のオリエンテーションはとても大切になります。

術後管理

術後は、麻酔が覚めるとまず痛みが襲ってきます。痛みの状態に合わせ、医師の指示をもらい疼痛コントロールをしていきます。

また、肺炎などの術後合併症を起こす可能性もあります。状態観察をよく行い、異常の早期発見に努めなければなりません。

点滴ルートやドレーン、モニター類など挿入物や装着物が多くなる為、管理をしっかり行って行く必要があります。

化学療法の管理・ケア

消化器外科では、術前術後に化学療法を行う患者さんが多くいます。

抗がん剤の準備、チェックはもちろん、確実な静脈確保スキルが必要になります。抗がん剤は血管外に漏れると組織が壊死を起こしてしまう為、細心の注意が必要です。

そして治療中は血管にきちんと入っているか、漏れがないか常時観察します。

副作用ももちろん発現するので、それぞれの症状に合った適切なケアをし、患者さんの不安や苦痛を軽減できる様に努めます。

日常生活ケア

術後は集中治療となり、また化学療法中は副作用により嘔気嘔吐、口内炎などで食事が摂れない、全身倦怠感などでADLが低下し、日常生活に多くの苦痛が生じます。

なので、

  • 気分転換
  • 清潔ケア
  • 食事の工夫

など日常生活をスムーズに送り、治療に臨めるよう援助する必要があります。

人工肛門ケア・指導

大腸がんの手術後、人工肛門を造設することもあります。

人工肛門と周囲皮膚のケア方法やどんな装具があるのか情報提供、排泄物の漏れや臭い、皮膚のただれなど起こりうるトラブルについての対処方法などの説明を行っていきます。

心のケア

大腸がんで手術をし人工肛門を造設した場合、ボディイメージの変化を受け入れるのはとても大変です。

少しずつ現実を受け入れて行ける様、適切なアドバイスや精神的フォローは看護師として重要な役割です。

また、化学療法の副作用には脱毛があります。説明を聞き理解したと思っていても、実際に起こってみるととてもショックなものです。

治療スケジュールに合わせ、かつらや帽子の準備を勧めたり、自毛がいつ伸びるかも見通しを立てて、脱毛によるショックを少しでも和らげるような援助が必要です。

他職種との連携

消化器外科は術後に化学療法や放射線療法などを行うことが多く、また悪性腫瘍末期の場合は緩和ケアにつなげていくこともあります。

そして消化器を手術する為、食事内容についても術後は管理が必要となることが多いです。

  • 放射線科や緩和ケア
  • 薬剤師
  • 栄養士

など数々の職種と連携することでより良い医療を提供することが出来ます。

終末期では、在宅での看取りを希望するケースもあり、在宅ケアにスムーズにつなげられる様、地域や在宅関連部署と連絡を取り合います。

看護師はコーディネータ―として、患者さんをチームで援助して行ける様、様々な部署と連携を図っていくのも役割と言えます。

給料

消化器外科で働く看護師の給料
消化器外科の給料は
どのくらい?
仕事が重い分
たくさんの給料が
もらえるはず…!

病棟勤務では、1ヶ月夜勤を4回程度込みで、25~40万円前後です。経験年数や地域によって上下が見られます。

ボーナス込みの年収で見ると、380~600万円前後です。

日勤のみでは、ここから毎月5万円程度のマイナスとなり、年収では320~540万円前後になります。

日帰り内視鏡手術などを行っているクリニックでは、時給1,900円前後です。

クリニックの看護師バイトを探す前に知っておいて欲しい4つの情報

消化器外科特有の手当てなどはありませんが、やや高めに設定しているところが多いようです。

勉強しておくと良いコトやオススメの参考書

看護師が消化器外科に転職するために勉強しておくと良いコトやオススメの参考書
本読んで
勉強すっか!
眠くなってきたけど

消化器外科では、胸腔鏡や腹腔鏡など内視鏡手術を行う施設が増え、より低侵襲な手術方法が可能となってきています。

内視鏡での検査、診断、治療については詳しい知識があった方が良いでしょう。

また、抗がん剤などの化学療法を行うことが多い為、疾患別抗がん剤の種類や副作用を予めわかっているとケアしやすいでしょう。

その他、緩和ケアや人工肛門ケアについての知識、スキルも必要です。

消化器外科系の参考書としては、以下のようなものがあります。

  • ナースのためのやさしくわかる内視鏡検査・治療・ケア 単行本 – 2013/3/7 工藤 進英 (監修)
  • 見てわかる消化器ケア―看護手順と疾患ガイド 単行本 – 2012/12 道又 元裕 (監修), 杉山 政則 (編集), 有村 さゆり (編集)
  • 消化器外科ナース1年生 自分でつくれるはじめての看護ノート 単行本 – 2016/2/2 大阪府立成人病センター看護部 (著, 編集), 矢野 雅彦 (監修)

志望動機はどう書くか

看護師が消化器外科に就職するなら志望動機はどう書くか
志望動機とか
書くの苦手だよぉ
まぁ、ぶっちゃけ
全部転職サイトの人に
投げちゃうけどね

なぜ消化器外科を目指そうと思ったのか

どの科にも通じる内容ではなく、

  1. なぜ消化器外科を志望するのか
  2. 何をしたいのか

などを入れましょう。

緊急を含め手術を要する患者さんが多い科です。

  • 急性期看護
  • 術前術後
  • 化学療法や放射線療法
  • 人工肛門ケア
  • 術後の食事指導
  • 疼痛コントロール

など非常に幅広い治療と看護が行われるのが消化器外科です。

漠然と看護スキルが高められる、というよりはその様な現場において特にどの分野を極めたいか、その理由などを具体的にした方がインパクトがあり熱意も伝わります。

消化器外科に興味を持ったきっかけや患者さんとの関わりがあれば、その経験を書くのも良いでしょう。

そこで自分が出来る事はなにかをアピール

  1. 消化器外科の経験があればその内容(こんな疾患を見て来た、疼痛コントロールに詳しいなど)
  2. 他科であれば消化器外科ではその技術をどの様に活かせるか(呼吸器内科にいたならば術後の排痰ケアができるなど)
  3. 新卒や経験が浅い場合は消化器外科に対する熱意(死亡原因第一位の悪性腫瘍について学び、緩和ケアにも関わっていきたいなど)

が伝わるような内容を記入し担当者の印象に残るようにしましょう。

【科別】看護師の志望動機の例文や面接でのウマイ伝え方まとめ

3つのデメリット・大変さ

デメリット

①急性期が多く忙しい

消化器外科では、術前術後の処置などで業務が多い上に予定手術の他、緊急手術が入ることもあり、残業も多くなりやすいです。

  • 術後管理中の急変
  • 終末期における急変などもあり対応
  • 化学療法中の薬剤やルートの管理
  • 副作用に対するケア
  • がん性疼痛コントロールに対するケア

なども心身共にハードな内容です。

②コミュニケーション力が必要

他職種との連携が多い為、円滑に進められるようなコミュニケーション力が必要です。

また、化学療法中や疼痛コントロール中の患者さんは、肉体的にはもちろん精神的にもとてもつらい状況にあり、

不用意な言葉で患者さんを傷つけてしまうことがない様、看護師はコミュニケーションにとても神経を使わなければなりません。

③終末期看護で虚しさを感じる

つらい治療で苦しむ姿を見たり、長い間関わってきた患者さんの臨終を目の当たりにすることもあります。

看護師として虚しさを感じたり、受け止めきれずに看護の仕事をあきらめてしまう人もいます。

2つのメリット・やりがい

メリット

①最先端の医療を習得できる

日本の消化器外科は、世界でもトップクラス技術を誇っています。常に最新の技術を研究、導入しているため医療の現場は活気があります。

そのような現場で働くことで、専門性の高い知識や技術を身に着けることが出来ます。

②専門看護師・認定看護師への道が開かれている

消化器外科系で直接関係がある専門看護師・認定看護師はいくつもあります。

  1. がん看護専門看護師
  2. がん化学療法看護認定看護師
  3. がん性疼痛看護認定看護師
  4. がん放射線療法看護認定看護師
  5. 手術看護認定看護師
  6. 皮膚・排泄ケア認定看護師

他にも

  1. 集中ケア認定看護師
  2. 緩和ケア認定看護師

なども関わりがあります。

消化器外科は業務的にはとてもハードですが、その分、高度な知識やスキルが獲得でき、キャリアアップにつなげることが出来ます。

診断から急性期、慢性期、終末期までの患者さんをケアすることで、どの科でも通用する対応力が身に付くことも消化器外科で働くメリットと言えるでしょう。

看護師ライフの快適さを上げるための知識を増やそう

看護師としての自分に合った働き方を探すために
もっと貴方に合う
職場があるかも!
知らないだけで
損してる可能性も…
探す手助けを
させていただきます

雇用形態の特徴を学ぶ
勤務時間のメリットやデメリットを知る
復職方法や応募資格を考える
福利厚生で得をする
病棟以外で働く

現在の職場環境や給料に満足していますか?

看護師は転職することで8割の人が年収が上がると言われています。
実際、私自身が転職して年収132万円アップに成功しました!
大変な仕事のモチベを維持するためにも納得できる給料をもらいましょう!

看護師の転職サイトへ
看護師転職サイトの選び方 オススメの看護師転職サイト人気ランキング