派遣で働く看護師というと、様々な疑問が浮かぶ人がいるようです。

  1. 単発の仕事ができるの?
  2. 法的にアウトじゃないの?
  3. 給料はどうなの?
  4. 正社員に比べてかな?
  5. どうやって仕事を探すのが良い?

などなど。

この記事では、これらの代表的なよくある質問に全て分かりやすく答えるとともに、更に深く突っ込んだ内容もお届けしていきますので、是非最後までじっくり読んでいただければと思います。

看護師派遣

派遣社員としての看護師は単発で働ける?

おこ悪魔

単発って何だ?ヤり逃げか?

天使

下品なこと言わないの!

派遣で看護師の仕事を探す時に、単発で働くことも可能だということを御存知でしょうか?

看護師の転職求人サイトを検索してみると、単発の仕事もかなりあるということに気付きます。時給や日給もかなり良い仕事なので、魅力的だと思う人も多いでしょう。

単発の仕事を探してる人はどんな人がいるかというと、看護師の仕事を探している人の中には、

  • 子育て中のママ看護師のように常勤では働けないけれども空いた時間を有効利用したい人
  • 常勤の仕事を探したいけど良い転職先が見付かるまでとりあえず単発で働きたい人
  • まずは休みの日を利用するなどして、単発から慣らしていきたい人

などがいます。実はこれにはある条件が存在しますが、それは後述します。

仕事における「単発」の定義

単発と言っても1日だけのものもあれば、10日ほどのものもあります。

単発とは一般的に日雇いのことを指し、日雇いとは、勤務日数が30日以内の契約のことを指します。

眼鏡

知ってたかな~?

短期の派遣(=日雇派遣)とは労働契約の期間が30日以内の場合を指します。

短期の派遣(=日雇派遣)とは労働契約の期間が30日以内

出典:知っておきたい改正労働者派遣法のポイント|厚生労働省

つまり、

  • 労働契約期間が1日 ⇒ 日雇い
  • 労働契約期間が30日 ⇒ 日雇い
  • 労働契約期間が31日 ⇒ 日雇いにならない

ということになります。

日雇い(=30日以内の単発派遣)の看護師仕事の種類・特徴・メリット

単発の仕事では、自分の希望に合わせて日数も選べることが特徴です。

派遣の看護師の単発の仕事としては、

  1. 巡回健診
  2. デイサービス
  3. 訪問入浴サービス
  4. 有料老人ホーム
  5. イベント待機
  6. 学校医務室
  7. ツアーナース

なの仕事などがあります。

このように様々な場面で必要とされるのが、派遣されて働く看護師です。

単発で優秀な看護師を雇うことは雇う側にとっても難しいことなので、経験がそこまで豊富でない看護師でも、多くの単発の仕事を見付けることが出来ます。

そして、上記でどんな人が派遣の日雇い看護師で働くかについて記載しましたが、端的に言うと、下記のような人にとっては特にオススメです。

  • 産休中の女性・子育て中の主婦
  • 介護休暇中の人
  • 社会復帰へのリハビリ(復職の準備)として働きたい看護師

看護師の資格を無駄にすることなく、有意義に使えて良いですよね。

法律的に違法じゃないの?

派遣の看護師は法律的に違法
違法ダウンロード
違法カジノ
違法ゲーム
・・・そして
違法派遣看護師!

知ってる人は知ってるかもしれませんが、

看護師を派遣するという行為は違法行為なので、派遣されて働く看護師は、本来は法律的に禁止されていることをしていることになります。

法律違反で逮捕

労働者派遣持病では、
派遣が禁止されている業務があります

(中略)

病院・診療所等における医療関連病無の禁止

出典:労働者派遣の適用除外業務 | 一般社団法人日本人材派遣協会

労働派遣法によって派遣が禁止されている医療従事者には、看護師や准看護師の他にも、

  • 医師
  • 歯科医師
  • 調剤薬剤師
  • 助産師
  • 保健師
  • 栄養士

などが含まれています。

その理由としては、これらの医療従事者は人命に関わる重い責任を担った業務を行うからなんですね。

労働派遣法の例外

この労働派遣法には例外があります。

上記で引用した労働派遣法の続きには、下記のような記述があります。

ただし、以下の場合は可能である。

(1) 紹介予定派遣
(2) 病院・診療所等(介護老人保健施設または医療を受ける者の居宅において行われるものを含む)以外の施設
(社会福祉施設等)で行われる業務
(3) 産前産後休業・育児休業・介護休業中の労働者の代替業務
(4) 就業の場所がへき地・離島の病院等及び地域医療の確保のため都道府県(医療対策協議会)が必要と認めた病院等における医師の業務

元記事だとごちゃごちゃしてるので、もっとシンプルに言うならば、、、

  1. 紹介予定派遣
  2. 社会福祉施設で働く場合
  3. 産休、育休、介護休暇中の看護師の代替として働く場合

上記のケースでは「例外」となり、合法となるわけです。

このような例外に当てはまるケースが多いために、看護師転職求人サイトを見ると派遣での募集がたくさん見られます。

そして、派遣で働く看護師のために特化した大手の看護師支援サイトも存在します(後ほど紹介します)。

このように、実際に派遣で働く看護師も多く存在するのは、例外が合法として認められているからなんですね。

ただ、派遣会社によっては、これらの例外を都合のいいように理解して、違法行為スレスレのことをする会社もあるので気を付けなければなりません。

後々正社員になるつもりはないのに紹介予定派遣をされたり、社会福祉施設ではない医療施設や病院に派遣されてしまうこともあるので、このような知識をしっかり持っておきましょう。

紹介予定派遣について

    ★紹介予定派遣とは?

    紹介予定派遣というのは、直接雇用を前提とした派遣のことです。

    もちろん、被雇用者である看護師と、雇用主である病院側の話し合いによって正社員になるかどうかが決定されますが、原則としては正社員になる前提での派遣になります。

    派遣の期間としては、通常は3ヵ月ですが、もっと時間を取って(看護師側も病院側も)判断したい場合は、最長で6ヵ月になります。

紹介予定派遣とは? | 紹介予定派遣ならはたらこねっと

派遣看護師の給料の相場

派遣看護師の給料の相場
マジ金くれよぉ
時給2億欲しい
じゃなきゃヤダ
もう働かない

(以下の情報は2016年6月時点での情報です。)

日本全国の派遣看護師の時給を平均した相場は

  • 日勤で1,500円~2,200円
  • 夜勤では2,000円~2,500円

となっています。

看護師の時給についてのまとめ

日給として計算した例

夜勤の場合は日給として支払われることも多く、

2交代の夜勤では1回15時間~16時間で、日給は3万円~3万5,000円というのが相場になります。

月給として計算した例

時給を2,000円として計算すると、

月給は32万円で、手取りは約28万円程度になります。

ベテランは多く賃金がもらえることも

時給は年齢や経験に関わらず一律の金額が支払われますが、ベテラン看護師の場合は多少考慮され、時給を上げてもらえることもあります。

この辺は、後ほど紹介する、派遣に特化した看護師転職会社の担当に相談すると良いでしょう。

派遣先や地域によっても時給は変わる

もちろん、派遣先によっても時給の相場は変わります。

例えば、

  • 無床クリニックは2,000円以上
  • 老人ホームは1,800円~2,000円
  • 訪問看護は1,900円前後
  • デイサービスは1,700円前後

というのが全国平均です。

これらの時給は、地方に比べるともちろん都心部の方が高くなる傾向があります。

東京の例

東京の派遣看護師の時給は全国でも一番高く、1,700円~2,400円程度となっています。

もちろん派遣会社や派遣先によっては、時給2,500円以上のものもあります。

東京は交通も便利で、訪問入浴サービスなどのために都内の家庭を訪問する仕事も数多くあります。

下記画像は、「看護のお仕事派遣」という派遣に特化した転職サイトからのキャプチャになります。
(※このサイトは関東地域のみのサービスとなります)

看護師派遣-東京千代田区

看護師派遣-渋谷区

大阪の例

大阪の派遣看護師の時給は、1,700円~2,200円程度が相場となっています。東京より少し安い傾向にありますが、それでも時給2,000円以上の募集もたくさんあります。

有料老人ホームや無床クリニックなども多く存在するので、派遣看護師の需要は多くあります。

下記画像は、「MCナースネット」という派遣・バイトに特化した転職サイトからのキャプチャになります。

豊中市

名古屋の例

名古屋の派遣看護師の時給は、1,600円~2,100円程度が相場となっています。

東京や大阪に比べると安いですね。しかし、名古屋市は全体的に派遣看護師の求人が豊富なので、仕事が見付けやすくなっています。

名古屋市中村区

看護師の正社員と派遣との3つの違い
派遣で損(デメリット)な部分

看護師の正社員と派遣の違い
派遣だとやっぱ
正社員よりも
損するのか……

だがしかし

派遣で働く看護師は正社員と様々な面で違いがありますから、それをよく知っておくことは、より良い人生のプランを立てるためにも必要でしょう。

下に述べるような違いをよく理解した上で、派遣看護師の仕事を探すと良いと思います。

1. 給料の違い

(以下の情報は2016年6月時点での情報です。)

派遣看護師の時給は約2,000円、正社員の場合は約2300円ほどになります。年収ベースで計算すると、月に約170時間働いたとして、

  • 派遣看護師が約408万円
  • 正社員が約470万円

になります。

派遣看護師にはボーナスがありませんが、正社員は1年に約83万円ほどのボーナスが出ます。

実際には、派遣看護師の時給や給料は、正社員のそれと大きな差はありませんが、派遣社員には昇給や退職金などがありません。

看護師の年収についてのまとめ

2. 待遇の違い

上述したように派遣看護師にはボーナスや退職金がなく、その上、昇給や昇進もありません。

更に、勤務時間数などの一定条件を満たさない限りは、社会保険にも加入出来ません。

このように福利厚生などの待遇が違うので、派遣看護師は場合によっては保険加入料などを自費で賄わなければなりません。

3. 働き方やキャリアプランの違い

派遣看護師は時給で働き、働く日数も契約期間の間だけということになります。

正社員のキャリアプラン

正社員の場合、例えば週5日で8時間労働というように、就業規則にある所定の労働時間を満たさなければなりませんし、働く年数も契約で決められてはいません。

また、緊急の場合は正社員は残業などの時間外労働を行うことも多くなり、収入以外にキャリアも積みやすくなります。

昇進もあるので、師長や看護部長を目指すというようなプランを立てられます。

「キャリアなんていらね(*゚Д゚)ノ ゚ ポィ」という人は無視してください。

派遣社員のキャリアプラン

派遣社員は(紹介予定派遣のケースを除けば)短期的に働くことになるので、キャリアプランが作りずらくなります。

もちろん派遣で働きながら将来は正社員を目指すというプランを立てることは可能です。

しかし、研修に参加する義務もないため、自主的に勉強しない限りはスキルアップも難しくなっています。

派遣で働く看護師の4つのメリット

派遣で働く看護師の4つのメリット
責任放棄で
気楽だぜ
ひゃっほう!
自由きまま
面倒なことは
正社員様に
押し付け!

1. 時間の自由度が高い

派遣看護師として働くメリットは、就業時間が契約で具体的に決められているので、自分の希望に合った時間を選んで働けるということです。

また、派遣看護師は、正社員のようにサービス残業をする必要もありません。更に、

派遣看護師の中でも人気の産業看護師などは、土日祝日が休日で、残業や夜勤がないというメリットもあります。

看護師がうまく土日休みの仕事を探すには?

2. 看護師以外の職業に比べて明らかに時給が高い

派遣の看護師の時給は、看護師以外の派遣社員に比べて高いということもメリットです。

これは看護師業界全体の給料水準が高いから、当たり前と言えば当たり前なのですが、単発の仕事でサクッと大きな金額を稼げるのは看護師の派遣の大きなメリットと言えます。

正社員の看護師と比べてみても、時給換算すればそれほど変わらない金額がもらえます。

IT業界でそこそこのスキルを持ってる人と同等か、それ以上の時給を勝ち取れるので、看護師資格を使わないともったいないですね。

3. 臨機応変な選択ができる

実際に働いてみなければ職場環境や詳細な業務内容はわかりませんが、正社員の看護師の場合は、就職してみてから自分の希望とは違うと感じるケースもあります。

しかし、派遣看護師として働く場合は、正社員になっていない状態で勤務環境を経験することが出来るので、「自分に合う合わない」を見定める経験がたくさん積めるということになります。

ある種の臨機応変な選択ができるということです。

様々な職場を経験してみると、転職の際に自分がどの職場を一番選びたいのかということも分かるようになってくるものです。

4. プレッシャーやストレスが低い

派遣看護師は、正社員の看護師と仕事の専門性はほとんど変わらないものの、

  • 扱いが難しい患者さん
  • 重大な責任を負う業務

などは優先的に正社員に割当てられるというメリットもあります。よって、ストレスの多い業務が減ると言えますね。

メイド

やりがいとかなくてもいいからストレスいらないわ

おこ悪魔

責任とか負いたくないからむしろ派遣でいい(本音)

この辺は人それぞれ解釈が変わるところですが、良く言えば甘えやすい環境となりますし、悪く言えば成長の機会が少ない環境となります。

つまり、良くも悪くも逃げやすい環境で働けるということですね。

また、自分が好まない業務を任されたとしても、派遣の契約期間が終わればそれ以上働く必要はなくなるので、気が楽というメリットもあります。

派遣の看護師でオススメの求人サイト

派遣の看護師でオススメの求人・転職サイト
じゃあ
どうやって
派遣の仕事を
探すか!!?
時給低いのは
ヤダからなっ

では最後に、派遣の看護師として働くことについて、オススメの求人サイトはどれか?

これはもうこの記事の途中でも出しましたが、2つしかありません。

  1. 看護のお仕事派遣
  2. MCナースネット

この2つです。

「看護のお仕事派遣」については、「看護のお仕事」という大手転職サイトの派遣に特化した版ですので、もうネーミングからして派遣向きということが分かりますね。

「MCナースネット」については、もともと単発のスポット勤務を大々的に扱っている看護師転職サイトです。

では、

看護のお仕事派遣とMCナースネット、どう選ぶか?

どちらも無料なので、考えるのが面倒な人は両方登録しても損失はないのですが「看護のお仕事派遣」と「MCナースネット」どう選べばいいかについて、あえて、

決断の手助けをさせていただきます。

あなたの住んでる地域と、仕事の種類で選ぶのがベストです。

「看護のお仕事派遣」の方が、大元の転職サイトとしての規模は大きいのですが、「看護のお仕事派遣」は、関東地域の主要都市のみのサービスなので、東京・神奈川・埼玉・千葉の人にのみオススメできます。

更に、注意点として、

  • 単発バイト
  • 日雇い
  • イベントナース
  • ツアーナース

の求人は弱いので、それ以外の派遣看護師としての登録が推奨されます。

「MCナースネット」は基本的に派遣で働きたい人の要望の全てに応えられるので誰でも大丈夫です。

つまり、
まとめると、

  1. 地域:東京・神奈川・埼玉・千葉に住んでいる
  2. 仕事:単発バイト・日雇い・イベントナース・ツアーナース以外の仕事をしたい人

上記2点に該当する方は「看護のお仕事派遣」を選んでも問題ありません。

一方で、「MCナースネット」は。

  1. 地域:全国OK
  2. 仕事:バイトや日雇い系も多数あり

という形になります。

色々と考えるのが面倒な方は、サイトの対応力的に考えても「MCナースネット」に登録しておくのが確実です。

看護師ライフの快適さを上げるための知識を増やそう

看護師としての自分に合った働き方を探すために
もっと貴方に合う
職場があるかも!
知らないだけで
損してる可能性も…
探す手助けを
させていただきます

雇用形態の特徴を学ぶ
勤務時間のメリットやデメリットを知る
復職方法や応募資格を考える
福利厚生で得をする
病棟以外で働く

現在の職場環境や給料に満足していますか?

看護師は転職することで8割の人が年収が上がると言われています。
実際、私自身が転職して年収132万円アップに成功しました!
大変な仕事のモチベを維持するためにも納得できる給料をもらいましょう!

看護師の転職サイトへ
看護師転職サイトの選び方 オススメの看護師転職サイト人気ランキング