診療所や外来では、固定の曜日が休みであったり日曜日が休みであったりすることは多くありますが、入院施設のある病院では24時間365日入院されている患者さんがいるため、当然のことながら休みは存在しません。

では、そのような病院で働く看護師の勤務形態ってどうなっているのか気になったことはありませんか?

  • 日勤・夜勤という言葉はよく耳にするけど、それって一体何時から何時までなんだろう?
  • 休みのとり方ってどうなってるんだろう?

ここでは、そんな看護師の勤務形態について説明してみたいと思います。

看護師の勤務形態

看護師転職する前にあなたに適正はあるのか?

看護師の勤務形態はどうなってるの?

看護師の勤務形態の基本

2交代制と3交代制

一般的に病棟勤務のシフトは2交代制と3交代制の2つがあります。

病院全体で見た場合、7割が3交代制3割が2交代制の勤務体制を採用しているようです。

ではこの2交代制、3交代制とは一体どのような勤務形態なのでしょうか?

文字通り、2交代制とは

  • 日勤
  • 夜勤

の2つの交代制シフト。
3交代制とは

  • 日勤
  • 準夜勤
  • 深夜勤

の3つの交代制シフトです。

病院によって多少時間に違いはありますが、2交代制の場合日勤は8時半から17時、夜勤は16時半から翌朝9時頃までが一般的です。

3交代制の場合日勤は8時半から16時半、準夜勤は16時半から0時半、深夜勤は0時半から8時半頃までといった勤務時間となっているようです。

2交代制と3交代制、どっちが辛い?

これには個人差があるとは思いますが、私の経験上では3交代制のほうが辛かったです。

「え?なんで?」と思う方もいるかもしれません。

見たところ、2交代制の夜勤の勤務時間がとんでもないことになっていますよね。

もちろん2時間程度の仮眠休憩はありますが、2交代の夜勤は16時間ほどの長時間勤務になります。それでも3交代制と2交代制であれば2交代制のほうが、私は楽でした。

なぜなら3交代制の場合、

  • 日勤で16時半に終わったその日の0時半から深夜勤があったり
  • 準夜勤で夜中に勤務が終わったその数時間後に日勤があったり

というシフトになることがあるからです。
文字だけで見ると分かりづらいですが、

要するに、勤務が終わってから次の勤務時間まで8時間あるかないかだからです。

実際のところ、仕事上定時でぴったり上がれることはほとんどないので、記録や残業などをしていれば次の勤務時間まで8時間もとれないことがほとんどです。

その8時間あるかないかの時間内で、

  • 食事
  • 睡眠
  • 入浴
  • 十分な休息

はなかなかとることはできません。

「慣れてしまえば苦痛はない・勤務時間自体が短いから楽だ」と言っている同期がいましたが、私にはこの中途半端な休息時間が逆に疲れてしまい、短時間の勤務であっても苦痛でしかなかったです。

2交代制の夜勤勤務時間は16時間ほどの長期労働になりますが、3交代制に比べて2つの勤務パターンなので生活リズムは乱れにくく(あくまで3交代制に比べたらですが)、夜勤明けの日に夜勤が組み込まれることもないので、十分な休息をとることができます。

とは言っても、もちろんどちらの勤務形態であっても本来人が寝ている時間に働くわけなので体調不調になったり、精神的に辛くなったりと色々不都合は出てくることもあります。

でも、どちらの勤務形態も、慣れてしまえば働けてしまうということですね。

更に詳しく知りたい人は下記記事を参考にしてみてください。

プライベートは無し?看護師の二交代と三交代勤務を徹底比較!

1週間のシフトの具体例

もちろん病院の規模・看護師の人数などによってシフトは変わってきますが、基本的に週休2日制になります。

しかし最初にも述べたように、24時間365日フル稼働の病院で土日休みというわけにはいきません。

また、週休2日制といっても勤務によっては、週に1日の休みの時もあれば週に3日休みがある場合もあります。

要するに月でみた時に週休2日制の日数分の休みが確保できているという感じです。

具体的に2交代制の場合で7日間のシフトの例を挙げてみます。

日勤⇒日勤⇒夜勤入り⇒夜勤明け⇒休み⇒日勤⇒日勤
シフト1

といった1週間があるときもあれば

日勤⇒休み⇒休み⇒日勤⇒夜勤入り⇒夜勤明け⇒休み
シフト2

のような1週間があることもあります。

夜勤入り⇒夜勤明け⇒夜勤入り⇒夜勤明け

のように夜勤勤務が2回続くこともありますが、この場合は2回目の夜勤明けのあと2日間の休みをとるよう推奨されています。

そのため、

夜勤入り⇒夜勤明け⇒夜勤入り⇒夜勤明け⇒休み⇒休み⇒日勤
シフト3

というシフトになれば、1週間で日勤は1日しかないときもあります。このように、とにかく不規則な勤務であることがよく分かります。

3交代制の場合も2交代制と同様の考えの休みのとり方ですが、

日勤⇒日勤⇒深夜入り⇒準夜勤⇒休み⇒休み⇒日勤
シフト4

準夜勤⇒日勤⇒休み⇒休み⇒日勤⇒深夜入り⇒準夜勤
シフト5

など、1つの勤務を終えた数時間後に次の勤務が待っている・・という状況のシフトも作られます。

日本看護協会によると、下記のような記述がありました。

77.3%が月1回以上[日勤]→[深夜勤]シフトを行っており、10.8%が[準夜勤]→[日勤]シフトを行っていました。

出典:公益社団法人 日本看護協会 看護職の夜勤・交代制勤務に関するガイドライン

負担がかかるシフト

いくら勤務時間が短いと言え、このような勤務形態では身体に負担がかかりそうですよね。

生活リズムもバラバラで、昼なのか夜なのか、眠いのか眠くないのか身体も何が何だか分からなくなってしまいそう・・・

でも先ほども述べたように、慣れてしまえば意外とこのような勤務もなんなくこなせてしまう人もいるようです。

2交代制・3交代制どちらにしろ、変則であり不規則な勤務形態になってしまうことは確実であり、共通しています。

24時間365日フル稼働であるため、世間一般の休み(年末年始やお盆、ゴールデンウィークなど)はあまり関係がなく、土日祝日休みの友人と約束が取りづらかったり、勤務によっては休日の活動開始時間も午前中から!というわけにもいかないこともあり、世間の時間の感覚とズレを感じることもあります。

休日を確保せよ!看護師のきつい4週6休にメリットってあるの?

常勤と非常勤で勤務形態が変わる?病院での多様な働き方

日勤・夜勤全て行う常勤ナース

文字通り、常勤であれば日勤も夜勤もすべて行うのが基本条件としてあります。

独身や既婚であっても子供がいないなどの場合がこのケースに当てはまることが多いです。

夜勤なし日勤のみの常勤ナース

常勤であっても、日勤のみという人もいます。

  • 子供がいる方
  • 体力的・身体的な理由から夜勤ができない

といったケースがあげられます。

夜勤が行えないのであれば常勤としては採用できないといった病院もあるようですが、日勤のみの常勤を採用する病院もあります。

また、病床のない診療所やクリニック、デイサービスや訪問入浴などでは夜勤はなく日勤のみの常勤で働くことができます。

給料だけが盲点じゃない?日勤のみの看護師で働く5つのデメリット

夜勤専従ナース

文字通り、夜勤のみを行う看護師です。

これには、常勤で働いている看護師の中から夜勤専従を任される場合もあれば、非常勤で夜勤専従を採用している場合もあります。

夜勤を行える看護師が少ない病院などでは、夜勤専従は重宝されます。

また、夜勤では必ず1回1回の勤務ごとに夜勤手当という手当がつくので、常勤の場合は基本給にさらにこの手当がつくことになりお給料面でもかなり稼げることになります。

ただ、完全に昼夜逆転の生活パターンになるため体調を崩しやすいのも事実です。

しかし、日勤・夜勤といった不規則な形態ではなく夜勤を固定して行うため、ある意味生活リズムは乱れにくいという考えもあります。

深夜は性的なアレも?夜勤専従の看護師ってぶっちゃけどうなのか!

非常勤ナース

要するにパートやアルバイトです。病院によっては、日勤の時間内であれば時短勤務での対応も可能な場合もあります。

週に1日から可能な場合もあり、プライベートとの両立にはいいかもしれませんが、患者さんの状態が日々変わっていく病棟などでは情報を把握するのに時間がかかることもあります。

また、派遣看護師として単発で色々な病院を回ったりすることもあります。

まとめ

基本的に看護師の勤務形態は、とにかく変則であり不規則であるということがよく分かります。

若いうちはこのような変則不規則勤務でもなんなくこなせますが、年齢を重ねるとやはり長時間労働や夜勤は体力的に厳しくもなってきます。

しかし、先述した通り夜勤は手当がつくのでお給料の面では他職種より少し稼げるという現実もあるかと思います。

看護師として病院で働くにはこのような不規則な生活を避けて通ることはできないと思いますが、その分やりがいを十分感じることのできる職業でもあると思います。

仕事を継続していくうえで、やりがいを感じられるかどうかというのは非常に重要です。

自分の体調や性格を十分考慮・把握したうえでどのような勤務形態で働くのが自分に合っているのかを見極め、判断・選択していくことがポイントになるでしょう。

仕事は自己実現が大事?短時間正職員とパートの圧倒的な違いなど

看護師転職する前にあなたに適正はあるのか?

看護師ライフの快適さを上げるための知識を増やそう

看護師としての自分に合った働き方を探すために
もっと貴方に合う
職場があるかも!
知らないだけで
損してる可能性も…
探す手助けを
させていただきます

雇用形態の特徴を学ぶ
勤務時間のメリットやデメリットを知る
復職方法や応募資格を考える
福利厚生で得をする
病棟以外で働く

現在の職場環境や給料に満足していますか?

看護師は転職することで8割の人が年収が上がると言われています。
実際、私自身が転職して年収132万円アップに成功しました!
大変な仕事のモチベを維持するためにも納得できる給料をもらいましょう!

看護師の転職サイトへ
看護師転職サイトの選び方 オススメの看護師転職サイト人気ランキング