看護師の資格を持っていると、活躍できる場所は病棟やクリニックだけではありません。
保育所で保育士としてではなく、看護師として働くことが可能なのです。

しかし、保育所で働く場合、どのような仕事内容か意外と詳しくは分かっていない方も大勢いるのではないでしょうか?

保育所での看護師としての仕事内容を見ていきましょう。

保育所で働く看護師

保育所とは

保育所とは
保育所について
全体的な概要を
知っておこう
利用者って
増えてるのかな?

保育所は、

保育を必要とする乳児・幼児を日々保護者の下から通わせて保育を行うことを目的とする施設(利用定員が二十人以上であるものに限り、幼保連携型認定こども園を除く。)とする。

と児童福祉法で定められています。

出典:児童福祉法第39条

保育所と幼稚園の違いを皆さん具体的にご存知ですか?
根本的な違いとしては、

  • 保育所の管轄は厚生労働省
  • 幼稚園の管轄は文部科学省

となっています。
また、保育時間にも違いがあり、

  • 幼稚園は4時間以上
  • 保育園は保育時間が原則8時間以上

となっています。

働いていて子供を見ることができない時間がある保護者の方にとって、なくてはならない場所ですよね。

平成27年度の調査では、保育所を利用している児童の数は233万人おり、年々増加傾向にあります。

最近では、保護者の働く時間が人によって異なるため、保育所で子供を預かる時間も多様化しています。
日中だけでなく夜間も預かってくれるところがあると助かりますよね。

保育所で働くには?看護師の配置について

保育所で働くには?看護師の配置について
どんな人が
保育所で
働く看護師に
なれるのかな?
どのくらいの割合で
配置されるんだろ

保育所といえば保育士が主に子供たちの面倒を見ています。最近では看護師も働くことが求められていますが、まだ人数は足りていないのではないでしょうか。

2008年度の調査にて、保健師・看護師の配置は総人数の平均値において0.2人と、5か所に1人と低い割合であることが明らかになったという結果が出ています。

出典:全国の保育所実態調査報告書

保育園で働く際、看護師の資格があれば働くことが可能です。

多くの保育所の求人は「看護師の資格があること」となっており、「正看護師」と「准看護師」のように明確には記されていません。

しかし、准看護師は「看護師の指示のもと」医療行為を行うと定められています。

日本看護協会は平成27年に、保育所における准看護師の配置について、

准看護師が療養上の世話を業として行うためには、医師、歯科医師または看護師の指示が必要とされており(保健師助産師看護師法)、看護師と准看護師については資格取得に係る要件が全く異なります。

そのため、准看護師までの拡大については、容認できません。

と厚生労働省雇用均等・児童家庭局に文面をだしています。

出典:保育所における看護師又は保健師の配置に関する要望

平成25年度の資料によると、市(公立)の看護師の人数は「各保育所に1人配置」としています。

保育所勤務職員の配置基準

そのためか、保育所で配置される看護師の人数は、場所によっては「正看護師のみ」としているところもあります。

出典:保育所勤務職員の配置基準

平成24年度の調査にて、「病院」で働く看護師が61%いることに対し、保育所も含まれると考えられる「その他」と回答して人は全体の1%しかいないという結果が出ています。

看護職員※の就業場所(平成24年)

出典:看護職員の就業場所

非常に低い値ですね。看護師が保育所で働くことができるということを知らない方も多いのではないでしょうか。

保育所での看護師の仕事内容

保育所での看護師の仕事内容
保育所では
どんな仕事をするのか?
けがの手当てだけ?
意外とやることある?
細かく見ていくよ

保育所での看護師としての仕事内容をご存知でない方は多いのではないでしょうか。実は、仕事内容はとても幅広いのです。

保育所で働く看護師というと、

  • けがをした園児の手当や
  • 体調を崩した園児の看病

などを思いつくのではないでしょうか。このような仕事ももちろんありますが、これ以外にも多くの仕事があります。

①子供は大人と違って上手に症状を伝えられないので、判断力が必要

けがをした園児がいた場合

  • 保育所内の手当のみでよいのか?
  • 病院を受診したほうが良いか?

という判断をすることがあります。

病院と違って、保育所内には医師はいません。医療関係者は看護師一人です。そのため、責任をもって、迅速に対応をする必要があります。

また、相手は子供です。

普段病院で勤務していると、看護を行う対象はほとんどの場合が大人です。大人なら「頭が痛い」「気分が悪い」など、症状を自分の口で伝えることが可能です。

しかし、保育所に通う子供たちの中には小さい子供も大勢います。なかなか自分の症状を口に出すことができない子供も多くなります。

症状は言えるけれど、泣いてしまってうまく伝わらないこともあるかもしれません。そうした子供の状態やバイタルサインから、その子供に何が起きているのかを判断しなくてはなりません。

②アレルギー・持病を持つ子供の管理

アレルギーを持つ子供が通っていた場合、重篤な症状を起こす可能性があれば、あらかじめ親から預かっておいたエピペンを使用するかもしれません。

持病をもつ子供の内服薬の管理をする場合も出てきます。

③保護者用資料の作成

また、園児に対して手洗いの方法を指導することや、保護者あてに「ほけんだより」のような資料の配布をすることもあります。

場所によっては、看護師が「保育士のうちの一人」として勤務している場合もあるようです。そのような場合であると、掲示物の作成を手伝うこともあります。

保育所で働く看護師の給料

保育所で働く看護師の給料
保育所看護師の給料は
やっぱ安いかな?
病棟勤務より
大変さがない分
給料も低くなるよね…

保育所で看護師として働く場合、どれくらいの給料となるのでしょうか。

病棟の看護師の場合、経験年数や役職、夜勤の回数、残業時間が影響するため、給料の額は大きく幅があります。

また、働いている職場の規模や、地域によっても差が大きいです。平成27年度の看護師の平均年収は478万円、准看護師の平均年収は395万円というデータがでています。

看護師の年収

保育所で看護師として働く場合、平均年収は300~350万円くらいのところが多いようです。手取りにすると200万円台でしょうか。

病棟で働く看護師に比べると大きな差がありますね。

何故なら、保育所で働く場合、夜勤や残業がほとんどなくて手当がつかないからです。その分、病棟勤務の看護師より大きく給料が下がってしまうんですね。

ただ、もちろんその分、病棟勤務に比べるとストレス負荷やプレッシャーは激減します。

また、勤務する保育所が民間か、それとも公立かによっても違いが生じます。

民間の保育所の場合、給料額の設定は保育所内で決めることができます。しかし公立の場合ですと、公務員の規定通りの給料額となります。

保育所看護師のメリット

病院での勤務内容と大きく違う保育所での仕事ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

①夜勤がない、残業が少ない

皆さんの中にも、夜勤を理由に退職を考えている、あるいは退職をしたという方がいるのではないでしょうか。

1965年、「看護職の夜勤は8時間3交代勤務において、月8回以内を基本とする」という目安ができました。

しかし、2010年度の調査では、

3交代制・変則3交代制の平均夜勤回数は8.5回で、43.1%が月9回以上、21.6%が月10回以上勤務していました。

目安ができて40年以上たっても、なかなか改善されていません。

出典:看護職の夜勤・交代制勤務に関するガイドライン

看護師不足が慢性的に続いていることを考えると、看護師シフトの夜勤回数に関してのルールはまだまだ改善されないんじゃないかと思います。

しかし、保育所での勤務は夜勤がありません。

看護師を採用している保育所の多くは認可保育所です。認可保育所の保育時間は「原則8時間」となっています。

保育所利用の仕組み

出典:厚生労働省 保育所利用の仕組み

もし10時から始まったとしても、18時には終了です。なかには延長保育や夜間保育を行っている保育所もありますが、保育士が対応しています。

そのため、看護師は夜勤をしなくていいのです。

また、病棟のように緊急入院や緊急手術があるわけではありません。そのため、残業もほとんどないことが普通です。

夜勤や残業がないと、規則正しい生活を送れるようになって嬉しいですよね。友達・恋人・家族と同じ生活リズムで生きることができます。

②元気な子供とかかわることができる

元気な子供とかかわることができる

  • 小児科看護師 ⇒ 病気の子供と関わる
  • 保育所看護師 ⇒ 元気な子供とも関われる

子供のことが好きで小児科で勤務をしているという方もいるのではないでしょうか。

しかし、小児科では病気の子供を見ることがつらいと感じる方もいるかもしれません。そのような方は保育所での勤務はいかがでしょうか。

保育所では元気な子供がたくさん過ごしています。けがをしていたり、体調を崩した子供とかかわることだけが保育所での仕事ではありません。

ときには保育士とともに子供たちと遊ぶこともあるようです。

子供が好きな方にとって、看護師として勤務している時間に子供と遊ぶことができることは、とても楽しいのではないでしょうか。

小児科へ転職!?小児科の看護師になるために必須の認識とは?

保育所看護師のデメリット

楽しく働くできそうな仕事ですが、デメリットもあります。

①看護師としての技術が落ちる可能性

保育所で働く場合の主な仕事は傷の手当や健康管理となります。なかなか医療行為をする場面はありません。

病院で勤務をしていると、毎日のように採血や点滴の管理、膀胱留置カテーテルの交換などの医療行為を行っていますよね。

しかし、保育所でこれらの医療行為をすることはないのではないでしょうか。どんな技術でも、行わない日が続くと腕が落ちてしまいます。

病院であれば勉強会が開催されることや、研修の案内が届くことが多いですよね。

しかし、保育所で勤務していると、なかなか勉強会への参加の機会がないかもしれません。もし保育所での勤務に関することを学ぶのであれば、自分で勉強会を探す必要があります。

長期間保育所で勤務してから病院で再び働くとなると、自分の知っている医療知識や医療行為が古いものになることも考えられますね。

看護師として常に医療の最先端で働きたいという考えの方には、おすすめできない職場かもしれません。

②保護者とのかかわり

もし保育所内で子供がけがや病気をした場合、子供の対応だけをすればよいのではありません。その子供の保護者への説明も必要となります。

お子さんがいらっしゃる方は、もし自分の子供が保育所内でけがをしたということが分かったらどう思いますか?

きっと「なぜ」「どうして」と疑問が出てくるのではないでしょうか。

保護者のみなさんも同じです。
看護師は、

  • いつ
  • どこで
  • どんな状況で
  • どの程度のけがをしたのか

ということを話すことが大切です。
また、けがの程度に対しどのような判断をし、どんな対応をしたのかということも大事です。

時には子供が大きな怪我をしてしまい、病院への受診が必要ということもあるかもしれません。その時は保護者の方へ連絡をします。

中には、「忙しいから仕事を抜けることができない」という保護者もいるかもしれません。そのような場合でも、看護師は受診する必要性を説明し、仕事を抜けてもらうよう説得しなければなりません。

また、最近ではモンスターペアレントという保護者も存在します。看護師もこのような保護者からのクレームの対応をする場面がゼロではないと言えます。

③求人を見つけることが難しい

病院では、看護師不足などから募集が常にあるような状況ですよね。大きな病院ですと、毎年新卒看護師を100名採用するようなところもたくさんあります。

しかし、保育所の求人はかなり少ないです。前述したように、看護師の配置は各保育所に1名となっています。

平成27年度、保育所の数は全国で28783か所(特定地域型保育事業や幼保連携型こども円も含む)となっています。

保育所数の推移

出典:厚生労働省 保育所数の推移

もしすべての場所で求人があったとしても、28783人の看護師しか働くことができません。

これに対し、看護師として就業している方が約154万人、潜在看護職員が約71万人となっており、しかも毎年看護師は5万人以上増えています。

看護職員就業者数の推移

もちろん、全員が保育所で働こうと考えているわけではありませんが、看護師の人数に対し保育所の数はかなり少ないんですね。

すでに看護師を採用している保育所もありますので、自分で求人を探すことは難しいと考えられます。

保育所の看護師求人を探す現実的な方法

保育所の看護師求人を探す現実的な方法
ぜーーったいに
保育系女子に
なりたい
もう病棟とか
夜勤はイヤだ!

自分で常に求人をチェックして空きが出るのを待つというのは現実的には不可能だと思います。

仕事をしていない状態であればぎりぎり可能かもしれませんが、それにしても求人チェックの労力がかかりますし、もし求人枠に空きができても、すぐに知ることができないかもしれません。

転職サイト内だけで公開してる求人(非公開求人)だったら、どれほど様々な媒体を利用して探しても見つかりません。

なので、看護師転職サイトに2、3個登録し、転職サイトの担当に自分の働きたい地域を伝えた上で「保育所求人の空きが出たらすぐに教えてください」と伝えておくのが確実でしょう。

おすすめの看護師転職サイトランキング

まとめ

子供が好きな方にとっては、毎日楽しく働くことのできる場所ではないでしょうか。

夜勤や残業がないことも魅力的ですね。

しかし、やはり求人があまりないというのがネックかもしれません。保育所で働くことを考えている方は転職サイトを利用することが転職への近道になることは間違いないでしょう。

看護師ライフの快適さを上げるための知識を増やそう

看護師としての自分に合った働き方を探すために
もっと貴方に合う
職場があるかも!
知らないだけで
損してる可能性も…
探す手助けを
させていただきます

雇用形態の特徴を学ぶ
勤務時間のメリットやデメリットを知る
復職方法や応募資格を考える
福利厚生で得をする
病棟以外で働く

現在の職場環境や給料に満足していますか?

看護師は転職することで8割の人が年収が上がると言われています。
実際、私自身が転職して年収132万円アップに成功しました!
大変な仕事のモチベを維持するためにも納得できる給料をもらいましょう!

看護師の転職サイトへ
看護師転職サイトの選び方 オススメの看護師転職サイト人気ランキング