近年、地域密着型の病院が増えてきています。

高齢化社会が進んで患者に高齢者が増えると
より強固なコミュニケーションが必要になるため
地域密着型の病院はなくてはならないもの

ですが、看護師さんから

  • 病院自体が古い・汚い
  • 技術が古い
  • 記録形式が古い
  • 器具が衛生的でない
  • 給与が安い
  • 看護師の平均年齢が以上に高い

などで悩んでいる声も聞かれます。
では、実際のところどうなっているのでしょうか?

地元に根付いた病院への就職・転職を検討してる方は是非とも参考にしてみてくださいね!

看護師が域密着型病院に転職

「地域密着型」の様々な種類と職種

地域密着型病院の種類と職種
まず基本!!
地域密着型にも
色々な種類がある

地域密着型の病院は、高齢化に伴って普及してきた分野ですが、いくつかの種類があり、地域住民のための様々な福祉・医療を提供するためのサービスや施設が存在します。

例えば、

  • 訪問看護
  • デイケア・サービス
  • クリニック
  • 病院

などです。

地域の人のためなので、様々な関連施設と提携することが多く、風邪などの軽症のものから高度医療が必要な場合の高度医療病院紹介まで、多くの職務がある分野です。

職種としては看護師だけでなく、

  • 介護士
  • ケアマネージャー
  • 介護ヘルパー

などの職種と連携する事があります。

では、そんな地域密着型病院について気になってる看護師さんのために、更に突っ込んだ情報をお伝えします。

完全に病院の方針でレベルは変わる

病院による差やクセがあ
クセも強いから
病院によっての差は
その分激しい……

この記事の冒頭にあげられた、

  • 古い
  • 汚い
  • 安月給

などのマイナスイメージが強い地域密着型病院ですが「完全に病院の方針で」変わります。

私が関わった事のある病院では、古い、汚い、安月給は当てはまっていましたが、さすがに滅菌するものなどはきちんと個包装になったものでした。

一部、再滅菌されたものなどはありましたが…(汗)

しかし、本来滅菌されるべきものが滅菌されずに使い回されてる病院も未だにあります。病院の利益のために衛生面への投資を渋ってると言えなくもありません。

ただ、問題が起こってからでは遅いですし、管理やチェックも厳しくなっているので、そんな病院は自然と減ってきています。

また、患者さんやご家族の知識も高まってきているため、ガサツな病院には検査が入る事も多くなっているという理由もあります。

もちろん、きちんとしている地域密着型の病院もあり、通常の病院のような設備を用意して万が一にも備えています。

納得がいかないことがあるなら指摘するのもあり

地域密着型の病院だと、患者のご家族との関係も密になってくるので、看護師として間違っていると思っていることはしたくないですよね。

後ろめたい気持ちがあったら仕事のモチベーションにも悪影響が出るでしょう。

病院側の問題があれば指摘するのもありですが、経営者側の判断になりますので、仮に受け入れてもらえるとしても変わってくれるまでに時間がかかりますし、変わらない事もあります。

この辺は、あなたの立場やポジションにもよりますが、、熱意によっても大きく左右されると思います。

言っても変わらないことがストレスになり、そのままその病院に染まってしまう看護師もいます。

そんな時は、やはり

  • 「下っ端の意見は通らない」と諦めて病院になじむ努力をする
  • 「こんな所では働けない」と判断して転職先を探す

という、いずれかの判断が必要になってくるでしょう。

病院の選び方に注意!看護師生活が変わるかも!?

地域に根付くからには、その地域独特の文化や人々の性格も反映されるため、病院によって差が出やすいのが地域密着型病院です。

看護師としては(看護師に限った話ではないですが)、自分がやりがいを感じられる仕事ができるかというのは重要な問題ですね。

忍耐力が必須?看護師の精神科は排泄物の掃除からはじまることも!

患者さんだけでなく、ご家族との関係も築いて行く中で堂々と医療面の心配がないことを伝えられるのと、心の中でもやもやを抱えながら付き合って行くのとでは、精神的な負担も変わってきます。

したがって、まずは病院の理念や方針の確認は必要です。

  • 理念
  • 経営方針

というものは、外部向けに作っている事が多いので、できれば入職前に一度患者として受診してみるだけでも医師、看護師、その他スタッフの対応から本質が垣間見えるときがあります。

スパイというか、覆面調査員みたいな行為になってしまいますが・・・

その時に「この対応は良いな」と思ってから、その病院への就職を検討するというのも一つの手です。

自分が患者さんに接する立場として、自分のポリシーや仕事のスタンスに沿っていないとそれがストレスになり、最悪、患者さんやご家族へそのストレスを向けてしまいかねません。

私自身、同僚の仕事を見て記憶に残っていることとして、誰も見ていないからと夜勤での患者さんのおむつ交換を適当に行う人がいたり、見ていてひどいなと思う光景も目の当たりにしてきました。

深夜は性的なアレも?夜勤専従の看護師ってぶっちゃけどうなのか!

この辺は看護師個人の性格やリテラシーにもよるかもしれませんが。

しかし、病院選びも自分の責任ではあります。私たちには選択の自由がありますので。転職というと、一般的には

  • 給与
  • 休日

などを見る傾向がありますが、それだけではなく、病院全体を見てからきちんと考えるのが良いでしょう。

もちろん、その辺のことを転職エージェントに深く突っ込んで聞いてみるのもありです。

知らなきゃ損?貴方に合った看護師転職サイトの賢い選び方!

入職時、転職時のチェックポイント

確認すべき注意点
どんな部分に
注意すればいいのか
確認しましょう!

前項を読んで、入職時、転職時は注意しようと思った方も多いはずです。では、実際どんなことを気をつければいいのでしょうか?

近所でしたら、前述した通り、一度「風邪ひいたかも」みたいな軽い仮病でも使って、受診がてら中を見学してみると本当の姿が見られるでしょう。

ですが、完全に患者として行く場合は良いですが、就職を視野に入れての見学をするような場合は

  • 「見学がくる」
  • 「新卒がくる」

というだけで、いつもより丁寧に仕事をするように指示されている事もあります。

ですので、生々しい雰囲気を掴みたいということであれば、純粋な患者を装って一度「視察」や「質問」をしてみるのが良いです。

行けば、いくら隠しても隠しきれていない事実が見えてくるからです。

視察のポイント

  • ゴミ箱の状況
    →清潔に気を使っているか
  • ポータブルトイレの設置の仕方
    →部屋に放置していないか
  • 車いす、ストレッチャーなどが定位置にあり、廊下に放置されてないか
    →安全の管理がしっかりできているか
  • ナースコールに出るまでの長さ
    →患者さんを待たせていないか、ナースコールを軽視していないか
  • 看護師に挨拶したときの反応
    →家族さんなどの部外者への対応はどうか
  • 見学対応してくれてる看護師の説明の仕方
    →入職後の教え方になってくる
  • ナースステーションのデスクの上の状態
    →整理整頓ができる環境なのかどうか、師長の性格がみえる

こういったことから病棟がどんな状態なのかみえてきます。

質問ポイント

では、次に質問するポイントも挙げていきましょう。

これは、軽い病気ではなかなか難しいかもしれませんが「知り合いの家族が入院を検討していて……」などと口実をつけて質問することもできます。

  • 家族の面会時間
    →極端に短くないか
  • 記録の形式
    →病院に合った適切な形式化
  • 入院している患者さんの主な疾患・合併症
    →急性なのか、慢性なのか
  • 高度医療、退院調整のシステムがどのように整備されているのか
    →すぐに答えられ、専用の資料があればOK
  • 設備、機器の点検はどのくらいの頻度で行われているか
    →危機管理ができているか
  • 教育システムがどうなっているか、資料はあるか
    →教育体制が適当(見て覚えろ)になっていないか

これらのように自分が気になることは事前に聞いておくことが重要です。

特に、転職される場合は、今までの経験もあると思うので、許容範囲や自分のこだわりがはっきりしているでしょう。

ですので、譲れない部分をきっちりとリストアップして確認しておくと、転職の成功率が上がります。それを転職エージェントに渡して確認してもらうのも良いでしょう。

毎年14万人が離職!看護師が転職成功しないのは新旧の対立が原因?

新卒の方は、なかなか区別はつかないと思いますが、設備がしっかりしているかどうかだけは確認しましょう。

古い設備のイメージのある地域密着型病院ですが、現在は立替や新設などで非常に清潔で設備のしっかりしている病院もあります。

給与や福利厚生もぬかりなく確認

地域密着型の病院の給料の例

出典:転職・求人情報検索 | Indeed あらゆる仕事 まとめて検索

今まで、現場の生々しい状況についての確認を推奨してきましたが、もちろんそれだけじゃなく、給与や福利厚生なども大事ですよね。

この辺はすぐに確認できると思いますが、地域密着型の場合、一応下記をチェックしてみてください。

質問事項をまとめて転職サイトの担当に投げかければ時間短縮できます。

正看護師

正看護師の場合、人が少ない病院は既卒者の給与を上げているところもあります。

なので、新卒とか第二新卒などによっての待遇の差などは軽く気にした方がよいかもしれません。

准看護師

准看護師の場合は、給与が低めに設定されている事が多いです。

給与はもちろんチェックするとは思いますが、それだけじゃなく、福利厚生がどうなっているかなどもしっかり確認しておきましょう。

実態暴露!非常勤看護師が知るべき5つのメリット・デメリット

最後は看護師としての情熱

地域密着型の病院について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

細かく突っ込んで書きましたが、最終的に看護師に必要なのは「情熱」や「適応力」になります。

  • どんな環境でも自分の看護ポリシーを貫くのか
  • 環境に合わせていくのか

別に両極端にならず、これらをあなたなりにバランスよく合わせていくのも良いでしょう。

どんな仕事でもそうですが「人のため」「地域のため」という考え方は、キレイゴトではなく大事です。

しかし「お金のため」に働くというのも現実的には無視できないことです。主張が強すぎたり、献身的になりすぎて自分が壊れてしまっては本末転倒ですからね。

仕事は自己実現が大事?短時間正職員とパートの圧倒的な違いなど

自分の看護理念を貫ける人は、どんな環境も変えてしまう力を持っています。これこそが「情熱」です。

ただ、その情熱というパワーを、より良い環境で発揮して欲しいと私は思います。

そのためにも、前項のチェックポイントを参考にしたり、看護師専門の転職エージェントをフル活用したりして、思う存分にあなたの力の発揮出来る病院選びをしていただけたら幸いです。

まとめ

では、大雑把に地域密着型の病院についてまとめます!

  1. 病院によってのクセが出やすい
  2. 規模によっては個人の意見や提案もとおる
  3. 地域密着型病院の転職先を見つけた際は経営理念をチェック
  4. 実際に応募する前に視察をするのもあり
  5. 気になる点は転職サイトのエージェントにまとめて質問
  6. その地域への愛も大事

好きな街とか、故郷(地元)とか、そういう地域に密着した病院ならば、自然と愛着もわいてくるので良いかもしれませんね!

看護師ライフの快適さを上げるための知識を増やそう

看護師としての自分に合った働き方を探すために
もっと貴方に合う
職場があるかも!
知らないだけで
損してる可能性も…
探す手助けを
させていただきます

雇用形態の特徴を学ぶ
勤務時間のメリットやデメリットを知る
復職方法や応募資格を考える
福利厚生で得をする
病棟以外で働く

現在の職場環境や給料に満足していますか?

看護師は転職することで8割の人が年収が上がると言われています。
実際、私自身が転職して年収132万円アップに成功しました!
大変な仕事のモチベを維持するためにも納得できる給料をもらいましょう!

看護師の転職サイトへ
看護師転職サイトの選び方 オススメの看護師転職サイト人気ランキング