看護師は、

  • 結婚
  • 出産
  • 体調不良

などが理由で、一度仕事を退く方も少なくありません。

看護師の場合、夜勤や土日祝日の勤務があるため、子育てや家事との両立が難しかったり、体調管理が難しい職業です。

しかし、

  • 子育てが一段落してまた働きたいと思った
  • 体調が良くなってきたからまた働かないと
  • お金がピンチでそろそろ仕事しないとヤバイ

といった時に、長くブランクがある場合、どのような点に注意し、どのように仕事を選んでいけばいいのか?

空白期間

10年ブランクがある場合

10年ブランクがある場合
10年も仕事を
してない状態で
ちゃんと復帰できるか
不安ハンパない…

看護師で10年のブランク

ブランクが長くなればなるほど、復帰するのにも不安が大きくなります。子育てが落ち着いてからとなると、10年以上ブランクが開いてしまう人も少なくありません。

けど、看護師は職の数が多く、どの職場でも人手不足の傾向があるため、たとえブランクが10年以上あったとしても、採用してもらえる可能性は高いでしょう。

知識や情報不足を補う

まず、問題は仕事の知識や情報不足の面ですよね。

これについての解決法として、自分で最新情報について勉強するのも良いですが、それが苦手な人は、大手の看護師の転職支援サイトにおける勉強会やセミナーを利用するのがオススメです。

そういった場所に積極的に出かけて、仕事の勘を取り戻したり、新しい技術を習得したりするようにしましょう。

(※詳しくは後述します)

働き方について

また、働き方についても、いきなり長時間働こうとすると無理が出てきますので、最初はパートや短時間勤務から始めて、徐々に働くことに慣れていくようにするとよいかもしれません。

仕事のウォーミングアップ機関としては、上記のリンクにあるような勤務形態もよいですが「もう10年も休んだしフルでバリバリ働きたい」という方は、普通に看護師の正社員としての求人を探しても良いと思います。

履歴書や志望動機はどう書くか?

履歴書や志望動機はどう書くか
「この空白期間は
何をしていたのかね?」
って聞かれた時に
ちゃんと答えられるように
しておきたいね

看護師という資格さえあれば、ブランクが長くても再就職先が見つかりやすいのは上述したとおりですが、だからといって、応募書類は重視されないわけではありません。

人気のある求人の場合は、応募が集中することが考えられますので、その際は履歴書や職務経歴書が審査の重要ポイントになります。

では、どのように志望動機などを書けばよいかというと、ポイントは2つです。

  1. ブランク期間の事情を簡潔に説明する
  2. 前向きさと、ブランクがあっても問題ないよアピールする

1. ブランク期間の事情を簡潔に説明する

ブランク期間については面接で聞かれる可能性も高いので、履歴書や職務経歴書にも簡潔にまとめて書いておくと良いでしょう。

その際、もしもネガティブすぎる理由だったらバカ正直には書かないことです。

また、ダラダラと長くブランク期間について書いても「ブランクの言い訳」をしているように捉えられかねないので、簡潔に済ませましょう。

★書かない方がよいブランク期間の説明

もしも、下記のような理由で退職して、そのままブランクが空いてしまったのであれば、それが真実だとしても書かない(言わない)方がよいでしょう。

  • 人間関係が合わなくて退職し、そのまま期間が空いてしまった
  • 何ヵ所か面接を受けても受からないまま時間が経過してしまった

このような理由だと、採用側から見ても「能力がない」と判断されてしまいますので、ほぼ嘘でもかまわないので正当な理由をつけましょう。

ちなみに、面接では、それが嘘か本当かどうかよりも、そういう建前がちゃんと作れるかどうかも見られます。

★書いてもよいブランク期間の説明

  • 結婚関連(最初の数年は専業主婦になることを約束して結婚した、など)
  • 出産関連(保育園には出さず自分で子育てしたかった、など)
  • 親の体調不良で介護が必要になった
  • なんらかの学校に通っていた

このような理由なら、ネガティブに受け取られないので問題ありません。

2. 前向きさと、ブランクがあっても問題ないよアピールする

たとえば、

  • 勉強会に積極的に参加して新しい看護技術を身に付けたい
  • 教育体制が整っている職場で一から学び直したい
  • ○○○のセミナーで△△△について勉強したので役に立てると思います

といった、再就職に対しての前向きな気持ちを見せることが重要になってきます(ベタですが大丈夫です)。

そうすれば、たとえブランクがあったとしても、やる気のある人材と認められ、採用されやすくなります。

ちなみに、こういったことを考えるのが苦手という人もたくさんいると思いますが、看護師の転職支援サービスでは、応募書類の書き方も指導してもらえます。

転職サイトのコンサルタントの上手な活用法

ブランクからの復職する際の注意点

ブランクからの復職する際の注意点
ブランク前は
ベテランだったとしても
時代は変わってるから
調子に乗らないようにね

看護師免許を持っているけれど、事情により長く看護師として働いていなかった看護師は大勢いると言われています。

そんな看護師が復職を考えた時に、注意するべきポイントについて紹介します。

謙虚な気持ちを持って働く

ブランクが空く前に働いていた時、もしかしたらあなたは優秀な看護師として活躍していたかもしれません。

ただ、だからといって、時間の経過や技術の進歩によって、スムーズにできなくなっていることも多くあると思います。

過去の経験値はあるかもしれませんが、実践レベルとしては、自分よりだいぶ年下の看護師よりも弱いでしょう。

そこで、年齢が上という理由だけで偉そうにしてふんぞり返っていたら、周囲からも嫌われてしまいますし、学べるチャンスを逃してしまいます。

なので、たとえ相手が新卒の看護師だとしても、謙虚な姿勢をもって接するようにしましょう。

当たり前ですが、親しくなる前からタメ口を使うというのは厳禁です。言葉遣いからもその人の性質は出てしまいますので、最初はとにかく低姿勢でいきましょう。

どのような勉強方法が良いか?

どのような勉強方法が良いか?
勉強なんて
一人でやった記憶が
もうないぜ・・・
どうすればいいのか?

看護師は3年ブランクがあると、一からまた学び直す必要があると言われています。復職すると決めたからには、一から勉強し直す覚悟が必要です。

かといって、やる気まんまんに参考書を数冊買ってくるというような方法は、挫折につながりやすいのでオススメしません。

まずは軽く復習

いきなり勉強といっても、何から手を付けていいのかわからないかもしれません。もし、学生時代に使っていた教科書やノートをまだ持っていれば、それを使って復習してカンを取り戻すのがよいでしょう。

ささっと大雑把に復習するだけでもだいぶ変わります。

看護技術も学び直しておく

また、知識だけでなく、看護技術も学び直しておくと復職するときの自信につながります。

  • 採血
  • 点滴

といった技術は、繰り返し経験することで腕が磨かれていきます。

  • 各都道府県やナースセンター
  • 看護協会が主催する復職支援研修

などに参加することで、看護師時代に行っていた技術を学び直すことができます。

こういった復職研修に参加すると、現役の医師や看護師が指導にあたってくれますので、新しい看護技術を勉強する良い機会にもなります。

ブランクから就職するためのセミナーはどうやったら受けられる?

最初に書いたとおり、長いブランクから看護師の仕事に復帰される方は、看護師の復職支援研修やセミナーを受けておくと安心です。

では、どうすればよいのかというと、eナースセンターのお知らせ検索を利用することで、各都道府県の研修やイベントを調べることができます。

eナースセンターによる全国の研修・イベント情報

eナースセンターによる全国の研修・イベント情報

この画面で

  • 都道府県
  • 内容
  • 期間

などを選択・入力することによって、あなたの希望にかなう研修を受けることが可能です。

現役で働いていた頃と比べて、医療も看護技術も進歩していますので、最新技術に関する知識を、セミナーや研修会で学んでおけば、だいぶハンデがなくなります。

研修の種類によっては、新しい医療機器の取り扱い方についても学ぶことができます。

また、最初にも書いたとおり、看護師転職サイトでも大手であれば、だいたいこういった類のセミナーは用意されています。

親切度のレベルでは転職サイトが主宰するセミナーの方が分かりやすくて良いです。

おすすめの看護師転職サイト人気ランキング

基礎的なことも確認しておく

最新の技術や知識を学ぶことも大事ですが、看護の基礎的な技術を学び直しておけば、現場で即戦力として働く自信を取り戻すことにつながります。

特に、

  • 採血や注射
  • 点滴
  • 心肺蘇生

といった救急看護の技術や知識は、看護学校時代や現役で働いていたころは身に付いていたでしょうが、長く現場から離れていたことで、忘れている部分も多くあるかもしれません。

そういう基礎的なことも含めて学習しておけば、ブランクも怖くなく復帰できることは間違いないでしょう。

看護師ライフの快適さを上げるための知識を増やそう

看護師としての自分に合った働き方を探すために
もっと貴方に合う
職場があるかも!
知らないだけで
損してる可能性も…
探す手助けを
させていただきます

雇用形態の特徴を学ぶ
勤務時間のメリットやデメリットを知る
復職方法や応募資格を考える
福利厚生で得をする
病棟以外で働く

現在の職場環境や給料に満足していますか?

看護師は転職することで8割の人が年収が上がると言われています。
実際、私自身が転職して年収132万円アップに成功しました!
大変な仕事のモチベを維持するためにも納得できる給料をもらいましょう!

看護師の転職サイトへ
看護師転職サイトの選び方 オススメの看護師転職サイト人気ランキング